たかひろ日記 市房山の麓から 〜自給自足を目指して〜

ドラマーです。 熊本県球磨郡の山奥に空き家と農地と山を借り、水は山から引き、ガスと電気を繋げず、自給自足を目指しています。 キーワード ・ドラマー・自給自足・自然農・移住・山暮らし・オフグリッドなど

水道を設置する

ここの家はもともと山の湧き水を生活水として使っていたようですが、数年前から集落の井戸水を引いてきていて、それが家の水道になっていました。

集落の井戸水には少しカルキが入っているようで、プラス月に千円の管理費が必要との事でした。

自分としてはせっかく山に住んでるので、集落の井戸水は使わずに山の水を使っていくつもりでした。

 

近くの沢付近に湧き水があったので、前回、湧き水の水源にポリタンクを設置して、家の近くまで黒パイプを引きました。

このパイプを二つに分岐して、家の中の蛇口用と、外用に設置します。

 

その前に家の中のシンクがボロボロになっていたので、上のステンレスのシンク部分だけ取り外して、足を付け直しました。

f:id:tkdrums:20170505105941j:image

アフターの画像だけですみません(^_^;)

 

 

それが終わって水道の作業に入ります。

黒パイプと塩ビ管を繋げて、塩ビ管の凍結防止の為、塩ビ管が通る場所の土を掘り、塩ビ管を土に埋めます。

f:id:tkdrums:20170505105604j:image

 

家の中の蛇口にするところ付近の外で、塩ビ管から鉄管に変換して、壁に穴をあけて鉄管に蛇口を設置しました。

左側にある栓2つは集落の井戸水からきている水と、ボイラーからきている水です。(電気ボイラーなので使わない)

f:id:tkdrums:20170505105703j:image

 

外用の蛇口は、コック式にしました。

f:id:tkdrums:20170505110747j:image

 

これで今までの中腰ホーススタイルから、物を洗ったり水を汲んだりの効率が大分良くなりました。

 

次は、五右衛門風呂を外に設置するために、掘っ建て小屋(屋根)を建てます。