たかひろ日記 市房山の麓から 〜自給自足を目指して〜

ドラマーです。 熊本県球磨郡の山奥に空き家と農地と山を借り、水は山から引き、ガスと電気を繋げず、自給自足を目指しています。 キーワード ・ドラマー・自給自足・自然農・移住・山暮らし・オフグリッドなど

竹の屋根の掘っ建て小屋と五右衛門風呂を作る(後編)

掘っ建て小屋に竹の屋根を葺きます。

f:id:tkdrums:20170505231831j:image

葺き方は、PinterestというアプリやYouTubeで検索してヒントを得ました。

f:id:tkdrums:20170505225642j:image

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

 

まず、裏山に竹を伐りにいきます。

 

本当は竹には伐り時期というのがあって、旧暦でいう8月あたりという事です。

昔の言葉で、木六竹八塀十郎(きろくたけはちへいじゅうろう)という言葉があり、旧暦でいう木は六月、竹は八月、塀は十月に...という昔の人の知恵の言葉であります。

 

最近では、竹細工職人などが真竹を伐るタイミングは10月の新月と聞いています。

 

竹や木は時期に伐らないと、栄養や水分を沢山含んでいて、虫喰いが入ったり腐りやすくなるそうです。

 

しかし自分はしょうがないので、今のタイミングで伐ります。

 

早速竹を伐ります。

f:id:tkdrums:20170505230233j:image

バリバリバリ……

 

バッサーン!!

f:id:tkdrums:20170505230249j:image

 

できるだけ真っ直ぐな3〜4年目の竹を選んで、20本くらい伐りました。

 

伐った後は長さを揃えて、枝を落としていきます。

 

f:id:tkdrums:20170505230952j:image

 

後で屋根を葺いてみて反省したのですが、竹も意外と曲がっていて、妥協して刈ってきた竹なんかは、曲がりで組むことが出来ず、全体の3分の1は使えませんでした。。。

それから、やはり太さも揃えた方が良いですね。やりながら勉強です。

 

鉈で半分のところに割れ目を入れて、木杭を使って半分に割っていきます。

f:id:tkdrums:20170506085850j:image

節は勢いをつけて割っていきます。

f:id:tkdrums:20170506085921j:image

 

パカ!!

 

f:id:tkdrums:20170506085948j:image

 

割れました!

 

 

私が使ったのは孟宗竹で、かなり重くて硬くて長い竹なのですが、いくら重くても表面はツルツルで、屋根にした時にストッパーがないと竹が滑り落ちてきてしまいます。

Pinterestなどで見つけた設計図では、横に竹を通して全体を留めていましたが、自分としては1つずつ留めていきたかったので、竹に小さな穴をあけて、そこに節のついた竹を細くカットしてはめ込み、屋根の土台(木)にひっかける事にしました。

この方法はたまたまYouTubeで発見しました。

f:id:tkdrums:20170505231740j:image

Uの字を交互に組んでいきます。

f:id:tkdrums:20170505232220j:image

いい感じ。

 

しかし途中で竹が足りなくなり、追加で伐りにいきました。

 

結構重いので、運ぶのが大変です。

 

f:id:tkdrums:20170505232407j:image

 

いい感じに出来てきました。

 

全体が葺き終わったところで、五右衛門風呂の風呂釜をレンガの土台に乗せてみます。

風呂釜は結構重いので、木の棒を渡してゴロゴロ転がして運びました。

f:id:tkdrums:20170505232609j:image

f:id:tkdrums:20170505232705j:image

いい感じですね!

風呂釜の水平をとります。

f:id:tkdrums:20170505232817j:image

(レンガの間に隙間を埋めるために粘土をいれています)

 

おぉ。段々と様になってきましたね。

 

それから、竹が台風などで飛ばないように、丸のままの竹を上の方と下の方に二本、屋根を抑えて括りつけました。(画像なしですが、下の画像で、下の抑えが少し見えます)

 

次は、流れてきた雨を受け止める樋を設置します。

f:id:tkdrums:20170505233236j:image

(下が樋。上に見える竹は抑え。)

こんな感じ。

f:id:tkdrums:20170505233322j:image

 

水が下に落ちるところにも、竹の節を鉄の棒で抜いてから設置しました。

f:id:tkdrums:20170505234043j:image

下は水が跳ねないように小石をしきつめました。

f:id:tkdrums:20170505234126j:image

f:id:tkdrums:20170505234213j:image

とりあえず、竹の屋根の掘っ建て小屋は完成としましょう!(後から壁などもつけるかもしれないけれど)

 

次は、五右衛門風呂の周りに据える石を運び、組んでいきます。

 

この石がまた重くて、めちゃめちゃ運ぶのが大変でした。

f:id:tkdrums:20170505234418j:image

(めちゃくちゃ重くて、ガタン!…ゴトン!…と、転ばしながら運びました。ひっくり返すのも一苦労です。)

人力で石垣を組んだりしていた昔の人を本当に尊敬します。。。

f:id:tkdrums:20170505234557j:image

f:id:tkdrums:20170505234626j:image

(後ろの柱は追加して3本にしました。)

 

全体が組み上がったところで、赤土と藁で練った粘土を石と石の隙間に埋めていきます。

 

(…が、実は今は赤土を取り除いて、セメントで仕上げています。最初は、赤土粘土の上から漆喰を塗る予定でしたが、いろんな人のブログをみたところ、漆喰でも流石に風呂には耐えきれないようでしたので、予定を変更しました。)

f:id:tkdrums:20170505235232j:image

煙突も設置して、竹の脱衣所も作りました。

f:id:tkdrums:20170505235329j:image

いい感じです!!

 

ということで、風呂を沸かして、初風呂に入りました。

バケツで水を運びました。

f:id:tkdrums:20170505235721j:image

f:id:tkdrums:20170505235802j:image

燃えます!燃えます!

いい感じです。が、気づいたら辺りは真っ暗でした。

ランプの灯りで、鹿の鳴き声を聞きながら風呂に入りました。

f:id:tkdrums:20170505235916j:image

水が柔らかくて、とても気持ちよかったです。

 

最近は竹を使って水を入れていますよ!

f:id:tkdrums:20170506000035j:image

f:id:tkdrums:20170506000012j:image

(赤土粘土がセメントになっている↑)

 

これで、お風呂は出来上がりました。

完成!!

 

ご観覧ありがとうございました。

 

次はトイレか、囲炉裏の部屋のフローリングか、、、

 

乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹の屋根の掘っ建て小屋と五右衛門風呂を作る(前編)

ここの家は、もともとずっと五右衛門風呂を使っていたようですが、水道と同様、数年前に家の前の小屋に電気ボイラー式の風呂と、浄化槽の水洗トイレを設置したそうです。

 

が、私としましては、薪を使った生活をしたいという想いと、自分が出したものは自分が還したい、という想いがあったので、それぞれ別に作り直す事にしました。

 

運のいい事に、穴の空いていない五右衛門風呂の風呂釜が裏山に捨ててあったので、それを使いたいと思います。

 

 まずは、五右衛門風呂を設置する場所を定めて、風呂釜の土台と焚き口を設置しました。

f:id:tkdrums:20170505114611j:image

その際、これらのブログなどを参考にしてレンガで作りました。

 

お風呂とトイレを作る 5 : 人生むちゃやりゃおもろい

五右衛門風呂作成 2 - 蝮屋敷 自給自足日記

 

そのまま五右衛門風呂を設置しようと思いましたが、風呂釜を設置する前に、雨が降った時の事を考えて、先に掘っ建て小屋で屋根をかけたいと思います。

 

屋根を何で葺くかという事を考えていたのですが「Pinterest」というアプリで竹の屋根の葺き方の画像を発見したので、竹で屋根を葺く事にしました。

 

f:id:tkdrums:20170505115129j:image

f:id:tkdrums:20170505121131j:image

f:id:tkdrums:20170505121356j:image

このPinterestというアプリは、デザインからDIY系、ファッション系まで、自分が気になる画像にピンを打てば、関連した画像などが出てくるという、アイデアを得たい時にはとっても良いアプリです。 是非使ってみてください。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

 

柱となる直径25cmほどの杉の木を裏山から伐採してきて、土に埋める部分は腐らないように火で炙って表面を炭化させます。

ついつい囲炉裏でやっちゃいました。

f:id:tkdrums:20170505115712j:image

掘っ建て小屋を作るのに参考にしたのは、囲炉裏を作った時に参考にした本の著者、大内正伸さんの本「楽しい山里暮らし実践術」です。

Amazon CAPTCHA

 

木の、土に埋める部分を炭化させて、土を掘った所に、砂利と土を敷き詰めながら丸太を建てた小屋が掘っ建て小屋です。

 

掘っ建て小屋でも、ちゃんと作れば何十年も持つそうです。

 

f:id:tkdrums:20170505120623j:image

 

こんな感じで出来上がりました。

屋根は片流れにしました。

 

この屋根に竹を使いたいと思います。

 

続く。。。

 

水道を設置する

ここの家はもともと山の湧き水を生活水として使っていたようですが、数年前から集落の井戸水を引いてきていて、それが家の水道になっていました。

集落の井戸水には少しカルキが入っているようで、プラス月に千円の管理費が必要との事でした。

自分としてはせっかく山に住んでるので、集落の井戸水は使わずに山の水を使っていくつもりでした。

 

近くの沢付近に湧き水があったので、前回、湧き水の水源にポリタンクを設置して、家の近くまで黒パイプを引きました。

このパイプを二つに分岐して、家の中の蛇口用と、外用に設置します。

 

その前に家の中のシンクがボロボロになっていたので、上のステンレスのシンク部分だけ取り外して、足を付け直しました。

f:id:tkdrums:20170505105941j:image

アフターの画像だけですみません(^_^;)

 

 

それが終わって水道の作業に入ります。

黒パイプと塩ビ管を繋げて、塩ビ管の凍結防止の為、塩ビ管が通る場所の土を掘り、塩ビ管を土に埋めます。

f:id:tkdrums:20170505105604j:image

 

家の中の蛇口にするところ付近の外で、塩ビ管から鉄管に変換して、壁に穴をあけて鉄管に蛇口を設置しました。

左側にある栓2つは集落の井戸水からきている水と、ボイラーからきている水です。(電気ボイラーなので使わない)

f:id:tkdrums:20170505105703j:image

 

外用の蛇口は、コック式にしました。

f:id:tkdrums:20170505110747j:image

 

これで今までの中腰ホーススタイルから、物を洗ったり水を汲んだりの効率が大分良くなりました。

 

次は、五右衛門風呂を外に設置するために、掘っ建て小屋(屋根)を建てます。

 

囲炉裏を作る

ここの家は建て直して3〜40年ほどなので古民家ではなく、囲炉裏の跡がありません。なので一から設置しようと考えていました。

初めて家の中を見せてもらった時に、土間の前にある四畳半の部屋の天井が落ちてきていて、「これは天井を抜いて直ぐにでも囲炉裏を据えなければ!」と感じました。

賃貸契約をしたら許可を得て、早速落ちてきている天井を剥がします。

 f:id:tkdrums:20170429143540j:image

f:id:tkdrums:20170429143717j:image

ガンガン剥がして落とします。

人生で、天井剥がしは3度目です。

f:id:tkdrums:20170429143820j:image

ちょうど真ん中に囲炉裏のカギを付けられるような大きな梁が出てきました。

f:id:tkdrums:20170429143926j:image

天井が綺麗になったところで、次は床に囲炉裏を作ります。

天井が落ちてきていたのは、雨漏りではなく、湿気で落ちてきていたみたいなのですが、その湿気で畳もダメになっていたので畳も全て剥がしました。

そして囲炉裏のサイズ分、畳下の板と根太をカットしました。

 

そのあと大きな石を運び入れて、囲炉裏のサイズに石を組んでいき土台にします。

 

囲炉裏の土台の石は断熱になります。

f:id:tkdrums:20170429144546j:image

囲炉裏の土台を据え付けるのは初めてだったのですが、大内正伸さんの

「囲炉裏と薪火暮らしの本」

https://www.amazon.co.jp/dp/4540121626/ref=cm_sw_r_cp_awdb_8Icbzb9827A3N

を参考にして据え付けました。

 

f:id:tkdrums:20170429150937j:image

 

実は上の写真の石の組み方は失敗していて、もうちょっと広く組まなければいけなかったようです。

ちょうど一番上の石の角が、囲炉裏の枠の下にくるように。

なので、組み直して次の作業に移りました。

f:id:tkdrums:20170429145757j:image

一ヶ月ほど前から赤土の粘土と藁を切って混ぜて寝かせていた土を、再度練って、団子状にして投げつけていきます。

これが囲炉裏の壁になります。

どんどん投げつけて、ペタペタと土壁にしていきます。

f:id:tkdrums:20170429150301j:image

一番底はカサ増しの為、砂利や土をいれてから粘土をくっつけます。

f:id:tkdrums:20170429150634j:image

 

石の隙間や、枠の隙間にも粘土を入れていき、終わったら下地板をはめ直します。

f:id:tkdrums:20170429150844j:image

 いい感じですね!

f:id:tkdrums:20170429150925j:image

 

予定では、この板の上に角材でカサ増しをして、板張りにしようと思っています。

そのあとは自在鉤と縁、火棚を設置したら完成ですね!

 

灰を入れて、我慢できずに火入れをしました。

 

f:id:tkdrums:20170429181346j:image

火を入れると、厳かな空気感になります。

f:id:tkdrums:20170429181653j:image

 

いい感じです。

 

 

 

薪のお風呂や、自然に返せるトイレが無いので、先にそちらを優先させて、、、囲炉裏の縁や床張り作業はその後にやりたいと思います。

 

 

 

                                           つづく。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水道について(山の湧き水)

私が借りた家の人は昔、山の湧き水と沢の水を生活水にしていたそうです。

しかし少し前に、前の方がこの家のライフラインをリフォームしたようで、水道は集落の井戸水 (カルキを少し入れてあり、月に1000円) に繋げてあり、トイレは水洗の浄化槽になっていました。

 

私としては山で生活するなら、水は山の水、トイレは大地に還すという暮らしが理想だったので、さらにリフォームし直さなければなりませんでした。

 

 

湧き水が出ているところから古いホースが家まできていて、雪が積もる中それを辿っていきました。

熊本でもここは標高が高いので(標高約700m)、冬は雪が積もります。

雪が解けるまで待てませんでした。

f:id:tkdrums:20170425221510j:image

(雪を踏むとキシキシ音がして気持ちいい!)

 

水源の方から何本もホースがきていて、どれが本物でどれがダミーなのか、たどるのが大変でした。

 

本物のホースをみつけて、水源地から家まで辿りましたが、結局ホースの長さが足りず、古いホースと新しいホースをつないだりして、やっと家の近くまでホースを繋げることができました。


専用の繋ぐ器具がホームセンターで見つからなかったので(ホースの種類が違う為)、とりあえず超強力の防水テープでグルグル巻きにして繋ぎました…。

f:id:tkdrums:20170425222234j:image

f:id:tkdrums:20170425225356j:image

 

それから水源の所に少し改良したタンクを設置しました。

タンクの真ん中ら辺に、生活水のための水の出口を設置。(上すぎると浮遊物が入り込むし、下すぎると泥などが混じる為)

下にある初めから付いていた出口は泥抜き用に。

f:id:tkdrums:20170425223324j:image

上の方にはオーバーフロー用の出口を設置。

f:id:tkdrums:20170425223517j:image

湧き水の所は、昔の人が設置したであろうパイプがあったので、タンク上に細かいザルを敷いて、その上に乗っけました。(ゴミ避け)

そして、上から雨水などをよける為の波板を乗っけて、重石をしました。

f:id:tkdrums:20170425223551j:image

いい感じで水が出てきてまーす!

 

それから、繋いだパイプをタンクに設置して、ワクワクとドキドキの中、水を流しましたが、、、

 

パイプの出口から全く水が出てこないのです。吸っても吸っても出てきません。

 

普通、水源地より出口の方が低ければ、空気を吸っていたらいずれ水が出てくるはずなのですが、一向に出てきません。

 

そういえば途中なぜかホースが意図的に切れている(切られている)所が何箇所もあり、???と思っていたのですが、原因はここにありました。

 

このホースを使わなくなった時に、何箇所も切ってホースの両口に杉っ葉を詰め込んであったのです(しかも結構奥に。虫が入らないようにしてあったのでしょう)。これじゃ、分からないはず。。。

 

なにも知らずに、私、全て繋げましたから…

 

という事で、繋げたホースをまた外して、杉っ葉を取り出して、また繋ぐという事を何箇所もしました。

 

すると!

f:id:tkdrums:20170425222952j:image

出るわ出るわ、ジャガジャガ水が出てきました!やったー!

 

北の国からのあのシーンを思い出しますね。

 

一人で感動しました。

 

 

これで、とりあえず水に困ることはなくなりました!

 

有り難や有り難や。

 

つづく…

家の片付け

私が借りた空き家は、四年ほど前までおばあちゃんが一人で住んでいたそうで、今は村外の老人ホームに入所しているそうです。

 

なので、家の中は生活の痕跡がそのまま残っていて、生活用具や布団や服などがそのままの状態で残っていました。

 

f:id:tkdrums:20170424112215j:image

 

f:id:tkdrums:20170424112219j:image

 

最初は、生活用具を全部袋に入れて、隣の納屋に移す事から始めました。

家主さんからは処分していいとの事でしたが、、、

この家は車が入れず、車を置いて家まで2〜300mほど坂道を歩いて上っていかないといけないので、今のところ生活用具や服などを外に処分する予定はありません…(納屋の奥隅に置いておきます。)

 

車を置いて家に上って行く時に、始め、綺麗な川を渡ります。

最初、渡るのが怖かった鉄橋です。

f:id:tkdrums:20170424112721j:image

f:id:tkdrums:20170424120157j:image

f:id:tkdrums:20170424120241j:image

敷地の入り口におばあちゃんのポストがあります。中には火の用心のチラシが。

f:id:tkdrums:20170424112642j:image 

整備されていない凸凹の坂道を上ります。

f:id:tkdrums:20170424113012j:image

家の上下に段々の田んぼがありますが、このススキは全部田んぼです。

 

これから、造林鎌(人力)で頑張って刈ります。

体験してみたい方は仰って下さいね。笑

f:id:tkdrums:20170424113034j:image

凄く荷物運びが大変ですが、昔の人は人力(馬?)で運んでたことを思えば、まぁ、なんとかなります。

味噌樽や材を運んでいたら、ここ一ヶ月ほどで腰が凄く強くなった気がします。

めちゃくちゃ重い荷物は、一輪車に載せて、ダッシュで駆け上ります。

 

怪我だけは気をつけないといけませんね。

 

 

片付けもだいぶ進んだところです。

左上に鹿🦌の頭蓋骨☠️があります。

f:id:tkdrums:20170424114302j:image

六畳の和室

f:id:tkdrums:20170424114325j:image

奥に六畳が二間、手前に土間と四畳半です。

f:id:tkdrums:20170424115852j:image

南向きの陽当たりの良い家なので、気持ちが良いです。

f:id:tkdrums:20170424114525j:image

f:id:tkdrums:20170506090504j:image

 

 

昔の家は大きな農家屋敷が多い気がしますが、この家は40年ほど前に建て直した家だそうで、こじんまりとして良い感じのお家です。

 

f:id:tkdrums:20170424115421j:image

 

部屋の片付けもだいぶ進みました。(隣の納屋に移しただけだけど。笑)

 

手伝って下さった方、ありがとうございました。

 

四畳半の部屋は、湿気で天井(化粧板)が落ちてきていて、畳もかなり傷んでいたので、畳を剥がして囲炉裏を切って、板張りのフローリングにしたいと思います。

 

 

つづく。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Instagram

ブログではアップしない画像などはInstagramでアップしていきます。

覗いてみてくださいね!

https://www.instagram.com/takahiro_1014/